ホーム > テクニック・仕様

テクニック・仕様 の変更点


#norelated
スマブラ for 3DS / WiiUのテクニック・仕様まとめ
#contentsx(depth=1:2)
*あ行[#aa]
**アイテム滑りなげ[#aitemusuberinage]
アイテムを持った状態で走行中にAor掴みでアイテム投げ入力した直後に、上スマッシュ入力をするとキャラが滑りながらアイテムを投げる。
滑る距離はキャラによって異なる。
~
**【廃止】アイテム持ち横スマッシュ[#aitemumotiyokosuma]
Ver.1.0.6のアップデート以降修正されできなくなった。
投擲アイテムを持った状態で横スマッシュを出すテクニック
やり方は「Aボタン押しっぱなし+Cスティック横」でスマッシュホールドし、Aボタンを離すとスマッシュ攻撃を出す。
~
**【廃止】アイテム持ち横強[#aitemumotiyokokyou]
Ver.1.0.6のアップデート以降修正されできなくなった。
投擲アイテムも持った状態で前方向に横強攻撃を出すテクニック
やり方は「しゃがみ入力+Cスティック前入力」又はタイミングがシビアだが「一瞬しゃがみ入力→横強」でも可能。
~
**受け身[#ukemi]
ふっとばされたときに床、壁、天井、崖などにぶつかる直前にシールドボタンを入力することで受け身ができる。
受け身をするとすぐに体勢を立て直すことができる。
床受け身は左右のどちらかにスティック入力を同時にすることで入力した方向に転がり受け身ができる。
~
**オートキャンセル[#oc]
各空中攻撃にはそれぞれ着地モーションが設定されており、ワザを出しながら着地すると着地隙が発生するようになっているが、''空中攻撃のモーションの始めと終わり際''の特定のタイミングで着地すると、この着地隙が発生しなくなる(ワザを出していないときと同じ着地隙になる)。これをオートキャンセルと呼ぶ。
オートキャンセルになるタイミングは、各空中攻撃で違う。

***オートキャンセルの利用例
・地上に設置されているバナナなどのアイテムを着地寸前に空中攻撃のオートキャンセル着地で拾う。
・空中回避や必殺ワザを出した後、着地直前に空中攻撃を出すことで本来発生する着地隙をキャンセルする。(例:リザードンの小ジャンプ最速空中回避、ネスの通常ジャンプ最速横Bなど)
・吹っ飛びモーション中に着地した場合ダウンしてしまうところを、オートキャンセル着地を行い通常着地にする。
*か行[#ka]
**回避キャンセルつかみ[#kaihikyantukami]
横回避の出だしをつかみでキャンセルするテクニック。キャラによってこのテクニックを使用すると、つかみの距離が伸びる。
つかみの距離がのびるキャラは『ワリオ、ゼルダ、ルフレ、リトルマック、WiiFitトレーナー』の5キャラで特にリトルマックはかなり伸びる。

やり方は横回避が出た瞬間にAボタンか掴みボタンを入力。
しかし、以下の状況では使用できない。
・シールドを張った状態からの横回避
・立ち状態からの後方回避

成功すると横回避をしたとき足もとに出る光のエェクトと同じものが出る。
ダッシュや走行からの後方回避キャンセルつかみは、振り向きつかみになる。通常の振り向きつかみとは違い、つかみが出た瞬間に慣性が消える。
~
**ガケつかまり[#gake]
崖をつかむと、一定時間の無敵と少しの硬直が発生する。
1度崖につかまり、着地するかダメージを受けるまでは、再度崖につかまっても無敵は発生しなくなる。
また、崖から離れた後1秒間は崖をつかむことができない。

硬直が終わると以下の行動ができるようになる。
・その場のぼり→前方向に入力
・回避のぼり→シールドボタン入力
・攻撃のぼり→つかみor攻撃or必殺ボタン入力
・ジャンプのぼり→上入力orジャンプボタン入力
・ガケ離し→後ろor下入力
この内、ボタン入力で出せる「回避のぼり、攻撃のぼり、ジャンプのぼり」は、硬直中に先行入力することで最速で出すことができる。
先行入力で出すと、相手からのガケ奪いをされずに、ガケをあがることができる。
**ガケつかまりキャンセル[#gaketukamaric]
通常はキャラクターがガケをつかめる位置になると自動でガケをつかむようになっているが、そのとき下にスティックを倒しているとガケつかまりをしない。
上必殺技でガケつかまりをするところをキャンセルし、ガケの上で待っている相手やガケ外の相手に対して上必殺技を当てに行くときなどに使用する。
~
**ガケ奪い[#gakeubai]
崖をつかんだとき、先に他のキャラが崖をつかんでいた場合、先につかんでいたキャラは崖外に追い出されるようになった。
先に崖をつかんでいたキャラの崖つかまり硬直が切れていなかった場合、複数人崖に捕まった状態になり、硬直が終わると先に捕まっていたほうが崖外に追い出される。先につかんでいた側は、回避のぼりor攻撃のぼりorジャンプのぼりを先行入力で出すことで、追い出されずに崖に上がることが出来る。ガケ奪いを相手に意識させることで、相手に最速ガケのぼり
行動をさせることができる。
~
***ガケ奪いからの攻撃
崖から追い出された側は、専用の硬直モーションが入る。
その硬直に対し、崖を奪った側は空中攻撃を確定でヒットさせることができる。
また、今作の仕様上、崖につかまってから着地するかダメージを受けるまで、崖つかまり無敵は発生しない。
崖を奪いもう1度相手が崖をつかんだところに、下スマッシュやメテオなど攻撃をヒットさせることもできる。
~
**崖絶[#gakezetu]
ガケつかまりから素早くガケを登るテクニック。
DXのテクニック「崖絶」の動きに似ていることからこの名称がついている。
やり方は、ガケつかまり状態からガケとは逆にスティックを倒し、ガケ離しをした直後にジャンプ入力+ガケ方向にスティック入力。
入力はシンプルだがタイミングが非常にシビアなため安定して成功させるのは難しい。
また、崖絶は特定のキャラとステージでのみ可能になっている。
[[>>動画:https://www.youtube.com/watch?v=1oBLDQlPkQk]]
***対応キャラ
-ピーチ、ロゼッタ、ドンキー、ゼルダ、サムス、ゼロスーツサムス、ピット、パルテナ、マルス、ルフレ、リトルマック、フォックス、ルカリオ、プリン、ゲッコウガ、ダックハント、キャプテン・ファルコン、Wii Fit トレーナー、ブラックピット、ルキナ、シュルク(疾)、ロックマン、ソニック、射撃Mii、ミュウツー、リュカ、ロイ

***対応ステージ
-戦場(終点化含む)、終点、終点化ルイージマンション、終点化マリオギャラクシー、終点化パイロスフィア、終点化ノルフェア、ライラットクルーズ(終点化含む)、終点化ポケモンスタジアム2、村と街(終点化含む)、終点化すま村、終点化ガウル平原、終点化パイロットウィングス、Miiverseステージ(終点化含む)、プププランド
~
**崖端最低空空後[#gagekuugo]
崖際で横回避後、即時に最低空で後ろ空中攻撃を出すことができる特定のキャラとステージ専用のテクニック。[[>>動画:https://www.youtube.com/watch?v=g562uw8m9t4]]
やり方は、崖端に向かって横回避し、そのままスティックは崖端に倒しっぱなしで崖外に飛び出した直後に、後ろ空中攻撃を入力。後ろ空中攻撃の入力はCスティックで行うとやりやすい。

***対応キャラ
マリオ、ルイージ、ドクターマリオ、ピーチ、ピカチュウ
~
**壁受け身ジャンプ(崖受け身ジャンプ)[#gakeukemij]
壁や崖にぶつかる瞬間に、シールド+ジャンプorスティク上を入力すると、壁受け身ジャンプをすることができる。
壁ジャンプは特定のキャラしかできないが、こちらは全キャラできる。
~
**壁ジャンプ(壁キック、三角飛び)[#kabej]
壁を蹴ってジャンプするテクニック。できるキャラとできないキャラがいる。
やり方は、壁に密着した状態で、壁とは反対方向にスティック入力。
90度の壁でなくても、戦場の崖など、ある程度角度がついていれば壁ジャンプできる。

壁ジャンプを行うと、他の壁で壁ジャンプするか一定時間経過するまで、同じ壁では壁ジャンプできなくなる。
連続で壁ジャンプを行うと、ジャンプの高度が下がっていく。
~
**壁はりつき[#kabeharituki]
壁にはりつくテクニック。できるキャラとできないキャラがいる。
壁に密着した状態で、壁の方向にスティックを倒すと張り付くことができる。
張り付いたまま一定時間経つと、壁はりつきは解除される。
1度解除すると、一定時間経過するまで、同じ壁に張り付くことはできなくなる。

張り付き中からは以下の行動ができる
・壁はりつき解除→下入力
・壁はりつきジャンプ→上入力かジャンブボタン入力
・壁ジャンプ→壁と反対方向に入力
・各空中攻撃
~
**急降下[#kyuukouka]
落下速度を早くする方法で、落下中にスティックを下方向にはじくと急降下することができる。
空中攻撃を出している最中や、尻もち落下中にも使用することができる。
~
**きりもみ吹っ飛び[#kirimomi]
きりもみ回転しながらキャラが吹っ飛ぶこと。''きりもみ吹っ飛びの硬直中は、地面での受け身ができない(崖などでの受け身は可能)''。ダウンが確定するので、ダウン連やスマッシュ攻撃などに確定でつなげることができる。

***きりもみ吹っ飛びになる条件
下記2つの条件にあてはまるとき、''約30%の確率''できりもみ吹っ飛びになる
・吹っ飛ばしベクトルが70度以下のワザをヒットさせた
・ワザをヒットさせた後の蓄積ダメージが100%以上
~
**空中ダッシュ(空ダ)[#kuda]
空中で必殺技を出す際に、慣性を反転させるテクニック。1式〜4式まで4種類あり、反転する前の慣性の方向と反転後のキャラクターの向きの反転の有無で分けられる。入力時間が短くシビアなので、操作精度が求められる

***1式
慣性の方向:前
反転後のキャラの向き:反転する
''操作方法''
必殺技入力→後ろにスティック入力

***2式
慣性の方向:後ろ
反転後のキャラクターの向き:反転しない
''操作方法''
後ろにスティック入力→必殺技入力→前にスティック入力

***3式
慣性の方向:後ろ
反転後のキャラクターの向き:反転する
''操作方法''
必殺技入力→後ろにスティック入力

***4式
慣性の方向:前
反転後のキャラクターの向き:反転しない
''操作方法''
後ろにスティック入力→必殺技入力→前にスティック入力。
~
**【廃止】空キャン[#karakyan]
Ver.1.0.4からできなくなった
~
**緩和(吹っ飛び減速)[#kanwa]
横方向に吹っ飛ばされたときに、吹っ飛ばされた方向とは逆方向にスティックを倒しておくことにより、吹っ飛びの緩和をすることができる。
バーストを防ぐための緩和は、右バーストしそうなときは左にスティックを倒す。左バーストしそうなときは右にスティックを倒す。
逆に吹っ飛ばされた方向と同じ方向にスティックを倒すと吹っ飛びの距離が長くなる。

Ver.1.0.3までは上に吹っ飛ばされたときにも、上下にスティックを倒すことで吹っ飛び速度の減速ができていたが、
Ver.1.0.4からは仕様変更されてできなくなった。(一部のワザに対しては可能?)
~
**空中攻撃を慣性を失わずに出す方法(Cスティック使用)[#kuutyuucsute]
空中攻撃をスティック+攻撃ボタンで出すと、どうしても慣性が失われてしまう。前進しながら空中後ろ攻撃、後退しながら空中前攻撃は進行方向とは逆にスティック入力しなければいけないため、特に慣性が失われてしまう。
慣性を失わずに出す方法は、''「攻撃に設定したCスティック」''で空中攻撃を出すこと。
攻撃に設定する理由は、スマッシュに設定されたCスティックを倒している間は、スティックの操作を受け付けなくなるという性質があるため。
*さ行[#sa]
**最速ガケつかまり[#saisokugake]
ガケから飛び出した直後にガケをつかむテクニック。主にガケ奪いをするために使用される。
右側のガケにつかまる場合のやり方は、ガケから飛び出した直後に「右下→下→左下→左」と半円を描くようにスティックを素早く操作する。
~
**シールド(ガード)[#si-rudo]
シールドを使うと、攻撃を防ぐことができる。ただし、つかみ攻撃、最後の切り札やリトルマックのK.O.パンチなどは防ぐことができない。
シールドの発生は1Fで解除時は7Fの硬直が発生する。
続けて使用するとどんどん小さくなっていき、キャラがはみでた部分は攻撃が当たってしまう。
シールドが完全になくなるとシールドブレイクしてしまい、一定時間動けなくなってしまう。
~
**シールドキャンセル(ガードキャンセル、ガーキャン)[#gc]
シールドから他の行動に即座に移行する基本であり必須テクニック。やり方は簡単でシールド中に特定の行動をするだけ。
シールドキャンセルができる行動は、上スマッシュ、上必殺技、ジャンプ、掴み。はじきジャンプOFFに設定している場合は上スマッシュ、上必殺技はジャンプボタンも同時に押さなければらない。

相手の攻撃をガードしたとき相手の後隙に対してシールドキャンセル行動で反撃をするときに使用する。
~
**シールドシフト[#gsihuto]
シールドを張った状態でスティックを傾けてシールドをずらすテクニック。
相手の攻撃をシールドで防ぐとき、キャラがはみでないようにするために使用する。
~
**シールドブレイク[#sbureiku]
シールドの耐久値が無くなり、割れること。シールドが割れるとキャラが上に跳び上がり、地上につくと気絶状態になる。
跳び上がって着地し、起き上がるまでは無敵状態になる。気絶状態の時間は蓄積ダメージが多いほど短くなり、レバガチャで短縮が可能。

スマブラシリーズ恒例でプリンだけ割れたときの跳び上がる距離が長く、天井がない場合そのままバーストしてしまう。
~
**スマッシュホールド[#smashhold]
スマッシュ攻撃を出す際に、ボタンを押しっぱなしにすることで溜めることができる。
フルホールドで攻撃力が1.4倍になり、ダックハントとロックマンは飛距離も伸びる。

スマッシュホールド中に攻撃を受けると通常よりも強く吹っ飛ぶ。
~
**尻もち落下[#sirimoti]
一部の必殺技(主に上必殺技)を使用した後、急降下と横移動以外の操作ができなくなる通常とは違う落下のことを尻もち落下と呼ぶ。
尻もち落下中は専用のモーションになり、キャラが黒く点滅する。
尻もち落下は、攻撃を受けるかガケをつかまるか着地することで解除されるが、尻もち落下中の着地は着地隙が大きくなってしまう。

尻もち落下になるワザをもっていないキャラもいるが、パックマンのトランポリンに乗せることで尻もち落下のモーションを見ることが出来る。
-通常は尻もち落下にならないキャラ(カスタマイズOFF)
ヨッシー、クッパJr、Mr.ゲーム&ウォッチ、カービィ、プリン、ロボット、ロックマン、ソニック、ベヨネッタ
~
**ジャストシールド(ジャストガード、ジャスガ)[#jg]
相手の攻撃をシールドの出始め1F〜3Fでガードすること。(ver1.1.0までは1F〜4F)
成功するとガード時の効果音が通常とは違うものになる。
ジャストシールドでガードした場合、ノックバック、シールドの消費をなくし、ガード解除時の硬直を他の行動でキャンセルすることができる。
~
**ジャンプキャンセルアイテム投げ[#jcnage]
やり方はジャンプボタン入力直後にアイテム投げを入力。

このテクニックをダッシュ中や走行中に使用することで、滑りながらアイテムを投げることができる。
走行中に普通にアイテムを投げることでも前進しながら投げることはできるが、
こちらのテクニックを使用すると、滑りながら前後上下どの方向にも投げることができ、後隙も少ない。

トゥーンリンクやディディーコングなどを極めたいのであれば、必須テクニックだろう。
~
**ジャンプ掴み抜け[#jnuke]
ジャンプ掴み抜けとは、掴みから抜けたときにジャンプしながら抜けること。ジャンプ掴み抜けから確定コンボや連携を入れたり、崖外で抜けさせて場外に押し出したりすることができる。

***ジャンプ掴み抜けの条件
まず、掴み攻撃中に拘束時間が終わっていないことが大前提となり、なおかつ条件に当てはまる場合にジャンプ掴み抜けになる。

''全キャラ共通''
・崖際で崖外にいる相手を掴む(相手の足が地に着いていない状態)
・掴んでいる状態で、相手がレバガチャでジャンプボタンを入力する。ただし、掴み攻撃のたびにリセットされる。

''一部キャラの組み合わせ''
・背の高いキャラが背の低いキャラを掴む
・空中にいる相手を掴む
・空中にいる相手を掴み、最速(先行入力)で掴み攻撃をヒットさせる。

ヨッシーは掴み攻撃中に拘束時間が終わった場合のみ、通常の掴み抜けになり、それ以外はジャンプ掴み抜けになる。
~
**小ジャンプ(SJ)[#sj]
低くジャンプするテクニック
キャラがジャンプする瞬間のかがむモーションの間にジャンプ入力を終えていると、小ジャンプになる。
~
**【廃止】下B投げキャンセル(ボムキャン、蕪キャン)[#sitabnagekyan]
Ver.1.0.4からできなくなった。

ピーチ、リンク、トゥーンリンクの3キャラ固有テクニック。
下B入力で爆弾又は蕪を投げることにより、特定の行動の硬直をキャンセルすることができるテクニック。

''キャンセルできる硬直''
・ふっとび中の硬直
・空中回避しながら着地した後の硬直
・空中攻撃を出しながら着地した後の硬直
・リンク、トゥーンリンクの空中で弓矢を出しながら着地した後の硬直
・リンク、トゥーンリンクの空中つかみを出しながら着地した後の硬直

爆弾(蕪)を持ちながら空中攻撃を出すには、空中攻撃の出始めで爆弾(蕪)を拾う必要がある。

前方向以外に投げたい場合は、
投げたい方向にスティックはじき入力+Aを10F以内に先行入力しておくと投げる方向を指定することが出来る。

**走行反転(スケート)[#soukouhanten]
走行中に進行方向に対して逆にスティックを倒すと、キャラが逆方向を振り向いて走り出す。これを走行反転という。
走行反転の振り向きモーションはジャンプでキャンセルすることができる。これを利用して、進行方向に向かって空中後ろ攻撃を出したり、ダッシュで相手の背後に回り込み走行反転で振り向いてジャンプキャンセル上スマッシュを出したりすることができる。
振り向きモーションの後半は立ち状態と同じように全ての行動をすることができる。そのとき、弱や下スマッシュ攻撃やシールドなどの行動をすると少し滑りながら行動することができる(キャラにより滑る距離は変わる)。足場の端に向かって走り、走行反転すると特に滑る。

また、逆にスティック入力をするときスティックを倒しっぱなしにした状態で、同時もしくは振り向きモーションの出始めに攻撃ボタン又は必殺技ボタンを入力することで、前方向に滑りながら振り向いて横強攻撃又は横必殺技を出すことができる。
**相殺[#sousai]
スマブラのワザには相殺判定の有無が設定されている。
相殺判定があるワザ同士がぶつかったとき、攻撃力が近いワザ同士だと相殺が起こり、お互いに攻撃モーションが中断されダメージを受けない。
攻撃力に9%以上の差があった場合は、攻撃力の低い方だけに相殺が起こり、高い方は一方的に攻撃できる。
*た行[#ta]
**ダウン連(強制その場起き上がり)[#daunren]
相手が倒れ状態のときに、吹っ飛ばしベクトルが0度以下で吹っ飛び速度が一定以下の攻撃(361度ワザやメテオスマッシュ)を与えることで相手を再度倒れ状態にするテクニック。[[>>ダウン連ができるワザ一覧:http://ssbb.hotcom-web.com/?%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E9%80%A3%E3%81%8C%E5%8F%AF%E8%83%BD%E3%81%AA%E3%83%AF%E3%82%B6%E4%B8%80%E8%A6%A7]]
またダウン連が成功すると相手は''強制的にその場起き上がりになる''ため、その場起き上がりに攻撃を合わせることで確実にヒットさせることができる。

自分が使うキャラのダウン連ができるワザは覚えておくと良いかもしれない。

今作では、ダウン連は3回までとなっており4回目の攻撃を当てると起き上がりのモーションを取らずにすぐに立ち状態になるようになった。
そのため最大火力を取るには「ダウン連が可能な技×3回→強制起き上がりに合わせてスマッシュ溜め攻撃など」になった。
~
**倒れアイテム食べ[#taoregui]
ふっとばされ、ダウン状態のときAボタンを押すとダウンしたままアイテムを食べることが出来る。
~
**ダッシュガード[#dg]
走行中にガードをするテクニック。操作は簡単で走行中にガードボタンを押すだけ。
相手の飛び道具や置きの攻撃、着地などに対してダッシュガードで相手のふところに飛び込みガードキャンセルから反撃するのに使ったり、走行をキャンセルして立ち状態に移ったりするときなどに使用される。
~
**ダッシュ攻撃キャンセルつかみ(DAキャンセルつかみ)[#dakyantukami]
やり方はダッシュ攻撃を出した瞬間すぐに掴み入力するだけ。振り向き掴みも可能。
キャラによって通常のダッシュ掴みよりもこちらのほうが距離が伸びる。
ロゼッタ&チコでこのテクニックを使用するとチコのダッシュ攻撃を出しながらロゼッタは掴みを出すことが出来る。
~
**【廃止】ダッシュ攻撃キャンセル上スマッシュ(DAキャンセル上スマ)[#dakyanuesuma]
Ver.1.0.4からできなくなった
~
**TANIステ(立ちキャン)[#tanisute]
ダッシュの出始めをキャンセルして振り向き、立ち状態にするテクニック。
やり方は、ダッシュの出始めに反対方向にスティックを弾いて即スティックをニュートラルに戻す。

TANIステ中にワザを滑りながら出すことが出来るが、キャラ毎に移動距離が違い、ワザにより滑りながら出せるものと慣性が止まってしまうものがある。
[[海外勢のIzaw氏の動画:https://www.youtube.com/watch?v=zJ_ZzAvSFis]]に、全キャラ分の移動距離と滑りながら出せるワザがまとめられている。
*な行[#na]

*は行[#ha]
**ヒットストップずらし(ずらし)[#zurasi]
通称「ずらし」と呼ばれる。
ヒットストップ中に攻撃を受けている側が方向入力すると、その方向に少しだけファイターの位置をずらすことができる。
主に多段ワザの途中で離脱するときに使用する。
~
**百烈攻撃キャンセル[#hyakuretuc]
百烈攻撃は一部ファイターの弱攻撃入力を連打することで出すことができる連続攻撃のことで、相手やシールドにヒットさせると自身が徐々に後退していく。
この後退を利用し、足場の端から相手に向かって百烈攻撃をヒットさせることで、自身が足場の外へと追い出され百烈攻撃をキャンセルすることができる。

-百烈攻撃キャンセルを利用したコンボ例
--リトル・マックの百烈攻撃キャンセル→横必殺技、上必殺技、K.Oパンチ(戦場やすま村の台上ではできない)
--Mr. ゲーム&ウォッチの百烈攻撃キャンセル→下必殺技
~
**ベクトル変更(ベク変)[#bekuhen]
吹っ飛ぶ瞬間にスティックを任意の方向に倒すことで、吹っ飛びの方向をある程度変更することができるテクニック。
例えば、真上に吹っ飛ばす攻撃を受けたときに横にスティックを倒すことで、斜め上に吹っ飛び方向の変更ができる。

相手の攻撃を受けたときに追撃を受けない位置にベクトル変更したり、
バーストしそうなワザを受けたときに、ステージの斜め上に吹っ飛ぶようにベクトル変更をしたりするときなどに使用する。
~
**踏み台ジャンプ[#humidaij]
相手の頭上でジャンプボタンを押すと、相手を踏んでジャンプすることができる。
踏み台ジャンプは着地するまで、連続で5回までしかできず、回数を重ねる毎にジャンプの高度が低くなっていく。
また、ジャンプボタンを短く押すことで、ジャンプの高度が低くなる。

地上で踏んだ場合、踏まれた側は少しの硬直が発生する。
この硬直を利用して、アイテム下投げやトゥーンリンクの空中下攻撃などが確定する。
空中で踏んだ場合、弱いメテオになり踏まれた側は長めの硬直が発生する。
踏まれた側が地上に叩きおとされた場合、受け身はとれない。

地上空中共に踏まれた側が、何らかのワザを出している最中だった場合、踏み台ジャンプの効果音は鳴らずに踏んだ側はジャンプし、踏まれた側はノーリアクションになる。
~
**ふりむきつかみ[#hurmukitukami]
ダッシュ中や走行中に振り向いてつかむテクニック。
やり方は、ダッシュ中か走行中に後ろ入力+つかみ
通常のつかみよりもリーチが長くなる。
~
**ふりむき必殺技[#hurimukib]
必殺技を出す直前、向いている方向とは逆方向にスティック入力した後、必殺技を入力すると振り向いて必殺技を出すことが出来る。
~
**ポート[#pooto]
ポートとは1P、2Pなどのこと。自分と相手のポートにより対戦中の処理が変わる場面があり、若干の有利不利が出る。

-ポートの違いにより処理が変わる場面
--同時に崖を掴んだとき、ポートの低い方が崖を奪われる。
--同時に複数の人が1人に踏み付けジャンプをしたとき、ポートの低い方が踏み付けジャンプする。
--同時にアイテムを拾ったとき、ポートの低い方がアイテムを拾う。
~
**ほかほか補正(ダメージ補正)[#hokahoka]
今作からの新しい仕様で、キャラクターのダメージ%が溜まるほど、そのキャラクターの吹っ飛ばし力が上がる仕様。(ルカリオの波動補正のようなシステム)。
36%から補正がかかり150%で最大補正になる。

ほかほか補正というネーミングはキャラクターが高%のときに、ほかほかと湯気が上がることが由来になっている。
*ま行[#ma]

*や行[#ya]

*ら行[#ra]
**ランディングフォース(LF)[#lf]
特定の空中攻撃の途中で着地した際に発生する攻撃判定のこと。
ランディングフォースを相手やシールドにヒットさせると、着地隙が5F減少する。これを利用した連携として、クッパJr.の空中下攻撃からの空中前攻撃、フォックスの空中下攻撃からのダッシュ上スマなどがある。
*わ行[#wa]
**ワイヤー復帰[#waiya-hukki]
ガケつかまり可能なガケにワイヤーを引っ掛けて復帰するテクニック。リンク、トゥーンリンク、サムス、ゼロスーツサムス、リュカが使用できる。
やり方はガケに向かって掴み入力をするだけ。ゼロスーツサムスは横必殺技でもワイヤー復帰可能。
ワイヤーをガケに引っ掛けた状態で、下入力するとワイヤーを切り離し、上入力でワイヤーを巻き取りガケつかまりに移行する。
1度ワイヤーをガケに引っ掛けてから着地するまで、合計3回引っ掛けることができ、4回目以降は引っ掛けることができなくなる。着地することで再度引っ掛けることができるようになる。また、ガケつかまりからの行動直後1秒間はワイヤー復帰はできないため注意。
ワイヤー復帰からのガケつかまりはガケつかまり硬直がなく、すぐにガケつかまり後の行動ができるため、早く復帰できたりガケ奪い攻撃がしやすかったりといったメリットがある。また、空中回避をキャンセルして出すこともできるため、相手の空中攻撃を避けながらワイヤー復帰することもできる。
攻撃判定が発生しないため、ワイヤー復帰のルートにワザを置かれそうなときは注意。

**ワンパターン相殺、ワンパワーンボーナス(OP相殺、OPボーナス)[#op]
同じワザを相手に当てるとだんだん威力が弱くなっていく仕様。
また、過去9回のうちに1度もヒットさせていないワザには、威力が1.05倍になるボーナスがつく。

スマッシュ攻撃などのバースト技はOP相殺のことを考慮して使用しないと、バーストするのが難しくなってしまう。
他の技を当てるごとに少しずつ威力は回復していく。
撃墜された場合、全てのOP相殺がリセットされる。
*数字・記号[#sujikigo]
**361度ワザ[#waza361]
吹っ飛ばしベクトルの数値が361度に設定されているワザで、実際の吹っ飛ばしベクトルが状況により変わってくるワザ。
地上の相手にヒットさせた場合、吹っ飛び速度が低いと0度に吹っ飛ばすダウン連可能なものになり、一定以上の吹っ飛び速度になると低い角度で吹っ飛ばす。
空中の相手にヒットさせた場合、45度に吹っ飛ばす。
*コメント[#kome]
- 回避キャンセル滑り投げもできるぞ?超滑らなくなったが --  &new{2015-02-20 (金) 14:26:45};
- カービィもカッターの着地モーション中に押し出すと尻もち落下になる --  &new{2015-03-07 (土) 11:53:24};
- なんでステップを書かないのですか? --  &new{2015-03-21 (土) 02:18:22};
- DXとXでできた、ダメージ落下状態をスティックはじきでキャンセルするテクニックは今作では廃止? --  &new{2015-05-19 (火) 15:07:52};
- ↑今作ではできなくなった --  &new{2015-05-25 (月) 18:47:38};
- 空ダの説明に「慣性を反転させるテクニック」ってあるけど、2/4は反転しないだろ・・・ --  &new{2016-02-11 (木) 17:45:12};
- ↑2と4でも反転するんだが… --  &new{2016-02-13 (土) 09:47:31};
- ↑↑それただの反転NBじゃないですかね(名推理) 2、4式は反転NBしてから空ダするやつだから慣性は変わるゾ --  &new{2016-03-16 (水) 19:49:22};
- ですね --  &new{2016-07-07 (木) 14:32:34};
- ちぇっ --  &new{2016-08-05 (金) 11:55:51};
- パックマンの上B使えば全員尻もち落下するぞ --  &new{2017-06-01 (木) 23:52:28};
- ワンパワーンボーナス笑う --  &new{2017-08-31 (木) 11:29:16};

#comment


TOP

  プロフィール  PR:無料HP  ウルトラ カラコン  プログラマー 専門学校  IID  中古ホイール 埼玉  タイヤ ノア 新品  自動車 専門学校 夜間  リクライニングシート 中古  パワーストーン  東京物流  株プロフェット 投資顧問  バイクウェア 買取 高松市  名簿屋