ホーム > 用語集・略語集

用語集・略語集

アルファベット Edit

CFキャプテン・ファルコンの略。
CPコンピュータープレイヤーの略。
DAダッシュ攻撃の略。
DDディディーコングのこと。
DDDデデデ大王のこと。
DGダッシュガードの略。
DKドンキーコングのこと。
Fフレームの略。フレームとは映像が切り替わる速度を表す単位。スマブラのキャラクターは秒間60Fで動いているので、1秒間に60コマ切り替わっている。技の発生や隙などの時間を表すのに使用される。
FCフレンドコードの略
HOO-HAディディーコングの下投げ→空中攻撃のコンボのこと。
NA(NB)Nはニュートラルの意味で、スティック入力をしていない状態。その後のAやBは、ボタンのこと。地上NA=弱攻撃、空中NB=空中通常必殺ワザ。
OP相殺ワンパターン相殺の略。
PSプレイヤースキルの略。
SJ小ジャンプ(ショートジャンプ)の略。
SSBスマブラの英語表記『Super Smash Bros』の略。
SSBMスマブラDXの英語表記『Super Smash Bros. Melee』の略。
SSBBスマブラXの英語表記『Super Smash Bros. Brawl』の略。
SSB4スマブラ for 3DS / WiiUのこと。
TAチームアタックの略。
TANIステダッシュの出始めをキャンセルして振り向き、立ち状態にするテクニック。>>TANIステの解説

あ行 Edit

飽き抜け対戦回数を指定せずに対戦を行い、好きなタイミングで抜けること。
暴れ相手から連携を受けているときや自分が浮かされているときなど、不利な状況で攻撃を出すこと。
永パ(永久パターン)永久に続くコンボのこと。
置く相手の移動先を読んで、置くように攻撃を出すこと。
お手玉吹っ飛ばしベクトルが上方向のワザを連続でヒットさせること。

か行 Edit

確定反撃(確反)ワザをガードしたり避けたりなどして、ワザの硬直に対して確実に反撃が出来るワザのこと。
ガケ奪いガケに捕まるとき、既に他のキャラがガケ捕まりをしていた場合に先につかんでいたキャラが追い出されること。 >>ガケ奪いの解説
壁ジャンプ(壁キック、三角飛び)壁をキックしてジャンプするテクニック。>>壁ジャンプの解説
ガン待ち飛び道具を使い、相手が攻めてくるのを待つ戦法。
ガン逃げ飛び道具を使いながら、相手から距離を取って逃げる戦法。
緩和ふっとびを和らげるテクニック。>>緩和の解説
強制起き上がりダウン連が成功したとき、起き上がり行動が強制的にその場起き上がりになること。
空中ダッシュ(空ダ)必殺ワザを出す際に、慣性を反転させるテクニック。>>空中ダッシュの解説
撃墜(バースト)キャラが画面外に吹っ飛ばされること。
後方回避(後ろ回避)「後ろ方向にスティックをはじき入力+シールドボタン」又は「シールドを張っている状態で後ろ方向にスティックをはじき入力」することで出すことができる回避のこと。

さ行 Edit

ジャストシールド(ジャストガード、ジャスガ)シールドの出始めで相手の攻撃をガードするテクニック。>>ジャストシールドの解説
差し込み自分から攻撃を当てにいくこと。
シールドキャンセル(ガードキャンセル、ガーキャン)シールドを他の行動でキャンセルするテクニック。>>シールドキャンセルの解説
シールドシフトシールドを張った状態でスティックを傾けてシールドをずらすテクニック。相手の攻撃をシールドで防ぐとき、キャラがはみでないようにするために使用する。
シールドブレイクシールドが割れること。割れた後は気絶状態になる。>>シールドブレイクの解説
尻もち落下一部の必殺技(主に上必殺技)を使用した後に横移動と急降下以外は操作不能になる通常とは違う落下のこと。>>尻もち落下の解説
スーパーアーマー(アーマー)攻撃を受けてもひるみにくい状態のこと。リトルマックのスマッシュ攻撃や、ドンキーの上Bなどはアーマーがついている。
すかし着地ジャンプして空中攻撃を出さずに着地すること。良く使われる言葉に「すかし掴み」があるが、これは空中攻撃を警戒してガードする相手に対して、すかし着地から相手を掴むことを指している。
先行入力行動の終わり際に次のコマンドを入力すること。
前方回避(前回避)「前方向にスティックをはじき入力+シールドボタン」又は「シールドを張っている状態で前方向にスティックをはじき入力」することで出すことができる回避のこと。
走行地上で左右どちらかにスティックをはじき入力し、そのままスティックを倒しっぱなしにしてキャラが走っている状態のこと。
相殺ワザ同士がぶつかったときにワザが中断されること。>>相殺の解説

た行 Edit

ダウン連相手が倒れ状態のときに、特定のワザを当てることで相手を再度倒れ状態にするテクニック。>>ダウン連の解説
致命エフェクト撃墜してしまうような攻撃をヒットさせたときに発生する赤黒い稲妻のエフェクトのこと。マスターハンド、リドリーなどのボスの体力がなくなったときにも発生する。ブラックサンダーと呼ぶ人もいる。
ダッシュ(ステップ)スティックをはじいて一歩前進すること。ステップと呼ばれることが多いが、公式名称はダッシュ。
ダッシュガード走行中にシールドするテクニック。>>ダッシュガードの解説
ディレイボタン入力を遅らせること。もとは音楽用語。格ゲーにも使われる。
でっていうヨッシーのこと。マリオがヨッシーに乗ったときのヨッシーの鳴き声が「でっていう!」と聞こえることが由来。

な行 Edit

投げ連投げから投げが繋がるコンボのこと。今作ではつかんで投げた後1秒間つかめない仕様になっているため投げ連は存在しない。
シークの空中前攻撃のワザ名。

は行 Edit

バースト拒否蓄積%が溜まったときに、バースト(撃墜)されるようなを攻撃を受けないように立ち回ること。
反撃確定(反確)ワザをガードしたり避けたりなどして、ワザの硬直に対して反撃が確定する状況。
ヒットストップ技を当てたとき、受けたときの硬直のこと。
百烈攻撃一部ファイターの弱攻撃入力連打で出すことができる連続攻撃のこと。シーク、ファルコン、フォックス、リトル・マックなど。
ファイタープレイヤーが使用できるキャラクターのこと。
ぶっぱ「ぶっぱなし」の略。定義がなく人によって基準が変わってくるが、確定反撃をもらってしまう状況にも関わらず強引に技を当てに行く行為や、大技ばかり多用する行為のことなどがぶっぱと呼ばれる。悪いニュアンスで使われることが多い。
ベクトル吹っ飛ばし方向のこと。
ベクトル変更攻撃を受けたときに吹っ飛ばされる方向をある程度変更するテクニック。>>ベクトル変更の解説
暴発プレイヤーの入力ミスにより、入力したつもりのない技が出ること。
ポート1P、2Pなどのこと。自分と相手のポートにより対戦中の処理が変わる場面があり、若干の有利不利が出る。>>ポートの解説
ほかほか補正(ダメージ補正)新しい仕様で、キャラクターのダメージ%が溜まるほど、吹っ飛ばし力が上がる仕様。(ルカリオの波動補正のようなシステム)。>>ほかほか補正の解説

ま行 Edit

負け抜けタイマン3人以上で1対1を遊ぶ方法で、負けた人が交代すること。
メテオスマッシュ(メテオ)ふっとばしベクトルが真下の技のこと。
めくり相手に空中攻撃をするとき、背後に回り込んで着地するように空中攻撃を当てること。

や行 Edit

横回避前方回避、後方回避の総称

ら行 Edit

ラインステージの崖からキャラクターまでの距離のこと。
ラグ抜けオンライン対戦時に、画面が止まったり操作入力が反映されるまでの時間が遅かったりすることで操作が難しいと判断した場合に抜けること。
乱チム(ランチム)「4人乱闘を行い順位でチーム決め→チーム戦数回」を繰り返す対戦方式。
ランディングフォース(LF)特定の空中攻撃の途中で着地した際に発生する攻撃判定のこと。>>ランディングフォースの解説
リアクション影響値(KBG、KnockBack Growth)スマブラの攻撃に設定されている値のひとつで、この値が高い攻撃ほど、その攻撃の吹っ飛ばしは相手の蓄積%による影響が強くなる。
ネスの後ろ投げはリアクション影響値が高く、リアクション付加値が低い。前投げは、リアクション影響値が低く、リアクション付加値が高い。
リアクション付加値(BKB、Base KnockBack)スマブラの攻撃に設定されている値のひとつで、相手の蓄積%に影響しない吹っ飛ばし力の値。
ネスの後ろ投げはリアクション影響値が高く、リアクション付加値が低い。前投げは、リアクション影響値が低く、リアクション付加値が高い。
リアクション固定値(WKB、Weight KnockBack)スマブラの攻撃に設定されている値のひとつで、この値が設定されている攻撃は相手の蓄積ダメージに関係なく、吹っ飛ばし力が固定になる。相手の重さの影響は受ける。
ルーペキャラが画面外にとびだしたときにでる丸い枠のこと。
レバガチャスティック入力とボタン入力を連打すること。スマブラでは「つかまれたとき、気絶・眠り・凍結状態になったとき、地面に埋められたとき」などに行うことで拘束時間を短縮することができる。

わ行 Edit

ワンパターン相殺(OP相殺)同じ技を相手に当てると段々威力が弱くなっていくシステム。また、過去9回のうちに1度もヒットさせていないワザには、威力が1.05倍になるボーナスがつく。スマッシュ攻撃などのバースト技はOP相殺のことを考慮して使用しないと、バーストするのが難しくなってしまう。他の技を当てるごとに少しずつ威力は回復していく。撃墜された場合、全てのOP相殺がリセットされる。
ワンチャン「ワンチャンス」の略。1度限りのチャンスという意味。その他、可能性は低いがもしかしたらイケるかもしれない。といった意味合いでも使われる。

数字・記号 Edit

361度ワザ吹っ飛ばしベクトルの数値が361度に設定されているワザ。>>361度ワザの解説

コメント Edit

  • 一つ忘れてますよ。「超近距離強引攻撃」です。説明:相手の自分のファイターが最大で重なり合っている時、横スマッシュをして当たらず、それを一回以上繰り返す という意味です。 -- ゆいマール 2016-08-18 (木) 17:04:02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのURL:



TOP

  プロフィール  PR:無料HP  合宿免許 口コミ  CG 専門学校  スタッドレスタイヤ 通販  タイヤ サイズ  タイヤ マークX 格安  スポーツ科学部  中古 足まわり  お薦め厄除けパワーストーン  東京物流  トリプルエー投資顧問 口コミ  ティアナ 日産 中古  名簿販売