ホーム > 前作スマブラXとの違いなど

前作スマブラXとの違いなど

今作の新システムや新しい仕様・前作との違いなどのまとめ。

Table of Contents

オンラインプレイ Edit

3DS版、WiiU版どちらもインターネット対戦可
今回は匿名対戦は行わず、ニンテンドーネットワークに基づいた名前が表示される。迷惑行為に対して、通報が可能。
また、ブロック機能がありブロックした相手とはマッチングしにくくなる。

迷惑行為に対してのペナルティ Edit

下記のような迷惑行為を行うと、しばらく対戦につなげなくなる。
回数を重ねるごとに、つなげられなくなる時間が増えていく。

・放置プレイ
・ひとり狙い
・自滅を繰り返す
・頻繁な回線切断
・改造やチート
・むやみな通報

「だれかと」モードの変更点 Edit

今作ではフレンド以外と対戦するモードに2つの部屋があり「エンジョイ部屋」と「ガチ部屋」で分けられており、戦績がつけられる(他の人からは見えない)。
桜井氏曰く腕前に応じたマッチングがなんとなーく行われるようになっているらしい。

エンジョイ部屋
・ステージ:ランダム(終点はなし)
・アイテム:出る
・乱闘専用(タイマンなし)
・戦績は勝ち数のみ記録される

ガチ部屋
・ステージ:終点固定(ステージの終点化適用)
・アイテム:出ない
・1対1が選べる
・戦績は勝ち数も負け数も記録される

ひとりプレイでのスコア競争(世界戦闘力) Edit

ひとりプレイのスコア競争として「世界戦闘力」というランキングの仕組みがあり、同じモードをプレイした人に対し自分がどのくらいの人数を上回っているを表したもの。(世界戦闘力が100なら99人のスコアより上ということを表す。)

ゲームと連動するフィギュア『amiibo』 Edit

amiiboとは、ゲームと連動するフィギュアで、フィギュアプレイヤーとしてゲーム内で戦わせることができる。ほかのamiiboと戦わせたり、自分の対戦相手にしたり、チームを組んで一緒に戦うこともできる。
amiiboは戦いを通じてレベルが上がり攻撃力や防御力があがっていき、プレイヤーに合わせた戦法までも身に付けていく。
友達と同じキャラのamiiboフィギュアを持っていても、それぞれ異なる成長をとげていく。
発売予定日はスマブラ for Wii Uと同時発売とのこと。
>>amiibo解説動画

ステージ関連 Edit

ステージの終点化 Edit

今作では全てのステージに終点化が適用できるようになっており、終点化を適用した場合ステージのギミックなどがなくなり平坦なステージになる。終点化したステージの広さは全て同一になっている。
終点化により背景やBGMがそれぞれのステージのものになっているため、いろんな世界設定が楽しめる。

3DS版は泳げない Edit

スマブラXでは海の中に入ると水面に浮かぶようになっていたが、3DS版ではスマブラDXのようにそのまますり抜けて落ちるようになった。
Wii U版は泳げる。

キャラクター関連 Edit

変身キャラ Edit

前作スマブラXのゼルダやサムスなどの変身キャラクターは今作では変身せず、単体のキャラクターとなる。

敗北出演 Edit

前作は負けた側では拍手を送っていたが、3DS版のみ廃止され、試合中断のみとなった。

カスタマイズ Edit

ゲーム中に手に入れた「カスタマイズパーツ」でキャラクターのカスタマイズが可能になった。
オンラインプレイの「だれかと」モードでは、ゲームバランスが考慮され、カスタマイズ機能は使用不可となっている。

必殺技
通常4種類(通常必殺技、横必殺技、下必殺技、上必殺技)だが、カスタマイズワザを含めると必殺技が12種類用意されている。各方向3種類のワザ(基本のワザ1種類+派生ワザ2種類)があり1種類を選べるようになっている。
基本的に派生ワザ2種類は技にアーマーやスタン効果が付くなどワザの性能が変更されるものが多いが、Miiファイターやパルテナなどキャラによっては派生ワザではなく全く異なるワザが用意されている。

ランダム転倒廃止 Edit

スマブラXではキャラクターがステップした際にランダムで転倒をするようになっていたが、今作では転倒しなくなった。
転倒効果のある技をヒットさせたときの転倒はあり。

崖関連 Edit

崖捕まり時の無敵に関して Edit

崖を捕んだ瞬間キャラが一定時間無敵になるが、今作からは崖を離して「着地する」か「ダメージを受ける」までは再度崖に捕まっても無敵にならないようになった。Xでは良く見られていた戦法、“崖待ち”が弱体化した。

崖奪い Edit

崖をつかんだとき、先に他のキャラが崖をつかんでいた場合、先につかんでいたキャラは崖外に追い出されるようになった。
先に崖をつかんでいたキャラの崖つかまり無敵が切れていなかった場合、複数人崖に捕まった状態になり、無敵が切れると先に捕まっていたほうが崖外に追い出される。先につかんでいた側は、崖上がり行動を先行入力で出すことで、追い出されずに崖に上がることが出来る。

崖奪いから攻撃をヒットさせる Edit

崖から追い出された側は、専用の硬直モーションが入る。
その硬直に対し、崖を奪った側は空中攻撃を確定でヒットさせることができる。

また、今作の仕様上、崖につかまってから着地するかダメージを受けるまで、崖つかまり無敵は発生しない。
崖を奪いもう1度相手が崖をつかんだところに、下スマッシュやメテオなど攻撃をヒットさせることもできる。

高%の崖上がり Edit

前作までは100%以上だと崖上がり関連のモーションが変わっていたが、今作では100%以上でも変わらない。

ガード時はノックバックで場外に押し出されなくなった Edit

前作では崖を背負っている状態でガード時に攻撃を受けるとノックバックにより、ステージ外に押し出されていたが今作ではガード状態の間は押し出されなくなった。

テクニック Edit

廃止テクニック Edit

  • 空キャン(Ver.1.0.4から廃止)
  • DAキャンセル上スマ(Ver.1.0.4から廃止)
  • 滑空

空中回避 Edit

空中回避中に着地すると21Fの後隙が発生する仕様に変更された。
モーションが終了してから着地した場合は着地隙は発生しない。
その一方、空中回避の無敵後の後隙は減少した。相手の攻撃を空中回避で避けた直後に空中攻撃で反撃したり、空中回避連打で後隙をごまかしたりしやすくなった。

ずらし Edit

発売前ずらしはできなくなったという情報が流れていたが、ずらしは可能。
E3版から仕様変更されたことが予想される。
前作よりずれにくい。

連続で相手を掴めなくなった(投げ連、掴み抜け連廃止) Edit

相手を掴んで投げた後、掴んで抜けた後、1秒間経過しないと再度掴むことが出来なくなった。
この仕様により投げ連や掴み抜け連ができなくなった。

ダウン連 Edit

ダウン連は4回目の攻撃を当てると起き上がりのモーションを取らずにすぐに立ち状態になるようになった。
そのため最大火力を取るには「ダウン連が可能な技×3回→強制起き上がりに合わせてスマッシュ攻撃など」になった。

ほかほか補正(ダメージ補正) Edit

新しい仕様でキャラクターのダメージ%が溜まるほど、吹っ飛ばし力が上がるようになった(ルカリオの波動補正のようなシステム)。
36%から補正がかかり150%で最大補正になる。
ほかほか補正というネーミングだがキャラクターが高%のときに、ほかほかと湯気が上がることが由来になっている。

バースト Edit

過去作の星バースト、手前バーストに加え、前作では組み手のみ出演なしで高確率で即バーストするようになった。
これまでは、時間制限乱闘で、カウントダウンをしている時に上バーストすると、前作では演出で撃墜になる前に終わってしまうことがあったが、今作では時間が迫っていると演出が発生しなくなり、即バーストする。
また、一部のモードでは演出は発生せず、即バーストのみが発生される。

リプレイ Edit

3分以上のリプレイでも保存できるようになった。その代わりに、試合中断では保存できなくなった。
リプレイ一覧画面にはプレイヤー名とキャラ名が表示され、コメントを設定することができるようになった。

コメント Edit

  • 試合中断でも保存できますの -- 2017-04-24 (月) 21:15:41

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのURL:



TOP

  プロフィール  PR:無料HP  合宿免許 口コミ  CG 専門学校  スタッドレスタイヤ 通販  タイヤ サイズ  タイヤ マークX 格安  スポーツ科学部  中古 足まわり  お薦め厄除けパワーストーン  東京物流  トリプルエー投資顧問 口コミ  ティアナ 日産 中古  名簿販売