ホーム > トレーニング

トレーニング

シリーズおなじみの練習するためのモード。
このモードではOP相殺、OPボーナス、ほかほか補正は適用されない。
Wii U版は3DS版に比べ、できることが少し増えている。

  • アイテム
    好きなアイテムを選んで出すことができる。
    3DS版はモンスターボール、マスターボール、アシストフィギュアは画面内に1つまでしか出すことができない。
    Wii U版はモンスターボール、マスターボールは画面内に3つまで。アシストフィギュアは1つまでしか出すことができない。
  • スピード
    スローモーションにすることができる。WiiU版は早送りもできる。
    3DS版は「2/3、1/2、1/4、L入力時1/2、L入力時1/4」の設定ができ、Wii U版はそれに加えて「1.5倍」の設定ができる。
    L入力時の設定にすると、L入力はLボタンを入力している間そのスピードで動き、Lを入力していないと静止する。
  • カメラ
    通常、ズーム、固定の3種類から設定できる。
  • CP数
    CPの数を1〜3で設定することができる。
  • CPの動き
    CPの動きを設定する。
    3DS版は「止まる、歩く、ジャンプ、逃げる、攻撃」の設定ができ、Wii U版はそれに加えて「操作」の設定ができる。
  • ダメージ%
    全てのファイターの蓄積%が設定した値になる。
  • 表示
    攻撃に関する情報(ダメージ、合計ダメージ、連続ヒット数)の「ON、OFF」を設定できる。

コメント Edit

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのURL:



TOP

  プロフィール  PR:無料HP  合宿免許 口コミ  CG 専門学校  スタッドレスタイヤ 通販  タイヤ サイズ  タイヤ マークX 格安  スポーツ科学部  中古 足まわり  お薦め厄除けパワーストーン  東京物流  トリプルエー投資顧問 口コミ  ティアナ 日産 中古  名簿販売